睡眠サプリを人気ランキング形式で徹底比較

睡眠サプリおすすめ12選!

睡眠サプリのメリットとデメリット

投稿日:

睡眠薬はどのような不眠の症状があるかによって使用する薬が異なります。

例えばなかなか寝つけない「入眠障害」には服用後、短時間で効果が現れるものを、また夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」には睡眠作用が比較的長く残るタイプの薬を使用します。

しかしどのような睡眠薬にも共通して言えることは、一度飲み始めてしまうと次第に耐性がついてしまい、飲む量が増えていく傾向があるということです。

また長期間使い続けていると睡眠薬に依存するようになってしまいがちです。

睡眠薬は不眠症を根本的に解決してくれる薬ではないのです。

睡眠サプリのメリット

一方、睡眠サプリは薬ではないため効き目は穏やかですが、サプリの力を借りながら生活改善を同時に行っていくことで、自分の力で安眠できることをサポートするものです。

直接眠気を誘う成分が含まれていないため、場合によってはなかなか寝つけないこともありますが、飲み続けることで目覚めがスッキリとしてきます。

朝の疲労感や眠気が軽減されることで一日を快適に過ごせるようになり、夜には心地よい疲れとともにしっかりと眠れるようになってきます。

この良好な眠りのサイクルを整えることが睡眠サプリの一番の目的であり最大のメリットです。

医師の処方などが不要で気軽に試すことができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

睡眠サプリのデメリット

睡眠サプリのデメリットは即効性がなく、効き目が穏やか、ものによっては穏やか過ぎて本当に効いているのか疑わしく思えてしまうことです。

睡眠薬はれっきとした薬ですが、睡眠サプリは言ってみれば食品の一種です。

普段の食事からも摂取できる栄養素を、より摂取しやすい形にしたに過ぎません。

なので、最初から過度の期待を持ってしまうと一向に効き目がない、とがっかりしてしまうかもしれません。

睡眠サプリを試す時は、ある程度長い目で少しずつ効果を感じていければいい、というリラックスした気持ちの方がいい結果が得られやすいでしょう。

プラシーボ効果

ところで、プラシーボ効果という言葉をご存知でしょうか。

プラシーボ効果とは偽薬効果とも呼ばれるもので、薬として効き目のない成分を「よく効く薬です」と説明して投与したりすると、あたかも本当の薬を飲んだかのように体調がよくなったりする一種の思い込み効果のことです。

睡眠サプリも飲み方次第ではこのプラシーボ効果のような結果が得られるかもしれません。

「これは睡眠薬ではないからどうせ効かないだろう」と思って飲むよりも、「この睡眠サプリを飲むと寝つきが良くなるのよね!」と前向きな気持ちで飲む方がより効き目があるはずです。

adsense


adsense


-未分類

Copyright© 睡眠サプリおすすめ12選! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.