メラトニンが含まれた睡眠サプリの効果

更新日:

メラトニンが含まれた睡眠サプリの効果は?

メラトニンは自然な眠りを誘う作用を持つ睡眠ホルモンで、化学的にはN-アセチル-5-メトキシトリプタミンと呼ばれています。

「メラトニンは最強の睡眠サプリだ!」と言われることも多く、様々な製品の中に含まれているのが何よりの証拠ですね。

睡眠リズムの異常を整える効果があり、どんな人にメラトニンを含む睡眠サプリが適しているのか見ていきましょう。

  • 寝付きが悪くてベッドや布団の中でゴロゴロ過ごす時間が長い
  • 日勤と夜勤による交代勤務で生活リズムが崩れやすい
  • 通常の時刻に眠りにつけない睡眠相後退症候群を患っている

日本の薬局やドラッグストアではメラトニンサプリは市販されていないのですが、個人輸入代行業者で海外の製品をネットで取り寄せることはできますよ。

メラトニンを含む睡眠サプリを摂取することにより、どんな効果や働きが期待できるのかまとめてみました。

入眠効果を得られる

メラトニンは体内時計のリズムの調整に関わるホルモンですので、体内へと取り入れることで入眠効果を得ることができます。

体内時計と睡眠にどんな関係性があるのか簡単に見ていきましょう。

  1. 私たちには1日周期でリズムが刻まれる体内時計が備わっている
  2. 無意識のうちに活動状態と休息状態が切り替わっている
  3. 体内時計の働きで夜になると自然と眠くなる
  4. 朝に起きて太陽光を浴びると体内時計がリセットされる

外の明るさに応じて身体が覚醒し、夜になって暗くなると自然と休むような作りになっているのが特徴ですね。

しかし、昼夜逆転の生活を送っていたり不規則な生活習慣だったりという人は、知らず知らずのうちに体内時計が乱れやすいので注意しなければなりません。

そんな時に役立つのがメラトニンサプリメントで、自然な眠気が強くなって睡眠へと良い影響を与えてくれます。

海外で実施された研究によると、メラトニンが増えることで昼夜逆転(睡眠相後退症)に効果があると結果が出ました。

「朝方にならないと眠れない」「正しい時間に起きられない」という人は、入眠効果を促す目的でメラトニンを含む睡眠サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

睡眠以外にもたくさんの効果がある

メラトニンの摂取は、睡眠以外にもたくさんの効果があります。

睡眠サプリで摂取することにより、具体的にどんな変化を得られるのか幾つか挙げてみました。

  • 免疫力を高めて風邪などの病気を未然に予防する
  • 高い抗酸化作用でアンチエイジング作用を得られる
  • うつ病や自律神経失調症など精神疾患を予防できる
  • 高齢者の認知機能や周辺症状の改善に繋がる

もちろん、メラトニンサプリは内服薬ではなく健康補助食品ですので、短期間で目に見えるような変化は出ません。

それでも、高齢者は生理的なメラトニンの分泌量が低下しやすいですし、若者でも不規則な生活を送っていると十分な量が分泌されないため、睡眠サプリで補充するのは選択肢の一つですね。

メラトニンを含むおすすめの睡眠サプリは?

メラトニンを含む睡眠サプリは、インターネット通販を利用して購入できます。

日本で市販されている製品ではないので、個人輸入代行業者を使って海外から取り寄せなければなりません。

数多くのサプリメントの中でも、以下ではおすすめの製品を紹介していますので参考にしてみましょう。

トリプルストレングス・メラトニン:ナチュラル系のサプリメントの開発を手掛けるアメリカの会社から製造されている
メラトニン・タイムリリース:6時間とゆっくり時間をかけて3㎎のメラトニンが溶けるのが特徴
メラトニン(サステンドリリース):徐々に成分が馴染んで快適な眠りをサポートしてくれる

初めてメラトニンサプリを飲む人は、含有量の少ない製品から試してみるべきです。

メラトニンサプリの副作用に注意!

海外のサプリメントは日本とは異なり、医薬品と食品の中間に位置しています。

そのため、少なからず副作用がありますので、摂取する際は十分に気をつけなければなりません。

以下ではメラトニンを含む睡眠サプリを飲むことにより、どんな副作用のリスクがあるのかまとめてみました。

  • 体内のメラトニン生成機能が低下しやすいので長期間に渡る摂取は向いていない
  • 悪夢を見やすくなったり短期的にうつ症状を引き起こしたりする
  • 自己免疫性疾患を患っている人が摂取すると症状の悪化に繋がりやすい
  • ED(勃起不全)や性欲減退など、生殖機能の低下を起こす
  • 身体に耐性ができてだんだんとメラトニンの作用が効きにくくなる
  • 吐き気や頭痛、下痢や腹痛などの不快な症状が出る

基本的に身体にある物質ですので安全性は高いのですが、長期間に渡って常用していると不快な症状が出やすいというわけですね。

そこで、安全性を重視したいと考えている方は、海外で販売されているメラトニンサプリではなく日本の睡眠サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

潤睡ハーブはメラトニン自体ではなく必須アミノ酸を豊富に含み、体内で生成されるセロトニンを増やして自然な形でメラトニンの分泌を助ける効果があります。

当然のように副作用のリスクはないので、毎日の生活の中に潤睡ハーブを取り入れてみてください。

>>> 潤睡ハーブ を公式サイトでチェックする

食品からメラトニンを摂取したい場合は?

以下の本に詳しく書かれていました。

睡眠ホルモンのメラトニンは、たとえば、牛乳やチーズをはじめ、肉類、魚類、豆類などに豊富に含まれているアミノ酸(トリプトファン)を材料にして、体内で作られます。

メラトニン自体を含んでいる代表的な食べ物には、ケールとアメリカンチェリーがあります。

乳製品やケールの青汁、アメリカンチェリーなどから直接メラトニンをとれば、個人差はありますが、快眠を得やすくなります。

※医師、医学博士、雨晴クリニック副院長 坪田聡 著書「専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣」から引用

まとめると、以下食品からメラトニンの材料となるアミノ酸(トリプトファン)を摂取する。
・牛乳
・チーズ
・肉類
・魚類
・豆類
もしくは、以下食品からメラトニンを直接摂取する。
・乳製品
・ケールの青汁
・アメリカンチェリー

食べ物から睡眠の改善を考えている方は参考にしてみてください。

 

睡眠に効果的なメラトニン以外の成分

メラトニンはホルモン成分ですが、睡眠に影響を与える成分としてアミノ酸系の成分やハーブ成分も存在します。

ホルモンのように直接働きかけるわけではありませんが、ホルモンの分泌を促したり、体調を整えることで間接的に睡眠に良い影響を与えるものが多いです。

以下の記事を参考にしてみてください。

睡眠サプリの有効成分をさらに知りたい方
睡眠サプリの中に配合されている有効成分の効果

成分から睡眠サプリを選びたい方
睡眠サプリの成分には何がある?成分から選びたい睡眠サプリを紹介!

総合的な評価から睡眠サプリを選びたい方
睡眠サプリおすすめ13選!口コミ、効果、価格を比較

adsense


adsense


-睡眠サプリの効果

Copyright© おすすめ睡眠サプリ、人気サプリを徹底比較! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.