不眠の子供には睡眠薬より睡眠サプリがおすすめ!

更新日:

最近では不眠に悩むお子さんも多くなってきています。

ただ、大人の場合と違って子供の不眠はある程度原因がはっきりしています。

例えば、受験や学校生活などのストレス、喘息やアトピーなど身体の不調、生活リズムの乱れなどです。

またスマホやゲームなど夜遅くまで目や脳に刺激が与えられることで不眠になるケースも増えています。

力づくで取り上げてしまうとかえってストレスになることもあるので、「〇時になったらゲームはやめよう」「布団の中にスマホは持ち込み禁止」などルールを決めて眠りを妨げない工夫をしてみることも大切です。

子供が不眠になった場合の対処

子供が不眠になった場合には、いきなり薬などに頼るのではなく、まずは不眠の原因を突き止め、できる限りそれを取り除くように努めましょう。

また、睡眠不足そのものがストレス要因を作り出していることもあるので、まずはゆったりと眠れる環境作りが何よりも大切になります。

ゆったりと眠れる環境というと、静かな寝室清潔な寝具肌触りのよいパジャマなど、外的な要因も大切ですが、目に見えない要素も実は大きな役割を果たしています。

例えば、香り。最近では様々なアロマグッズも売られていますので、安らかな睡眠を誘う香りなどを試してみるのも一案です。

また夕食は睡眠前3時間には食べ終わる、温かく消化のよいメニューにする、など食事面での工夫も快適な睡眠に効果があります。

睡眠サプリを試してみるのも一案

なかなか不眠が改善されない場合は子供でも飲める睡眠サプリを試してみるのもよいでしょう。

睡眠サプリは薬ではないため、副作用や依存性がなく子供にも安心して飲ませることができます。

子供に睡眠サプリを飲ませたい時には液体タイプがおすすめです。

カプセルや錠剤だと物理的に飲めない子供もいたり、いかにも薬という感じでそれだけで拒否反応を示されることもあります。

その点、液体タイプであれば子供の好きな飲物に混ぜたりすると、案外抵抗なく飲めることが多いようです。

また液体タイプの方が身体への吸収がよく効果が出やすいというメリットもあります。

睡眠は子供の発育に関わる

子供の健全な発育に睡眠は大きな役割を果たしています。

成長ホルモンは夜寝ている間に分泌されるので、不眠をそのままにしておくと身心の成長を阻害してしまう可能性があります。

身長が伸び悩んだり、第二次性徴に影響が出たりすると将来に渡って悩みを抱えることになりかねません。

本人は眠れなくて辛い事をなかなか親に話すことができない場合もあります。

必要があれば病院を受診したり学校の先生やスクールカウンセラーに相談するなど、第三者の力を借りながら前向きに解決する姿勢を忘れないようにしたいものです。

 

他にも不眠症対策をチェックしたい方こちらの記事もチェックしてみてください。

adsense


adsense


-不眠症の解消や対策

Copyright© おすすめ睡眠サプリ、人気サプリを徹底比較! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.