生理前の不眠の原因!効果的な対策方法はある?

更新日:

生理前の女性に不眠の症状が出る原因とは?

生理前になると不眠の症状が出て眠れないと悩んでいる女性は少なくありません。

眠気が酷くて日中の倦怠感を引き起こす女性がいれば、寝付きが悪くて疲労が溜まると悩んでいる方もいるのです。

以下では、生理前の女性に不眠の症状が出る原因をまとめてみました。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える

生理前に眠れない女性は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えているのが大きな原因ですね。

女性の身体には、以下の2種類の女性ホルモンが流れています。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン):女性らしさを作るホルモン
  • プロゲステロン(黄体ホルモン):妊娠を助けるホルモン

プロゲステロン(黄体ホルモン)は受精卵の着床に備えて子宮内膜を分厚くしたり、体内の水分を保持したりと女性が生きていくに当たって欠かせません。

しかし、基礎体温を上げる作用も同時に持っていて、「体温が下がるにつれて眠気が出てくる」という人間の睡眠事情を邪魔してしまうのです。

夜に寝ようとしている時も身体は覚醒モードになっているため、「寝付けない」「眠りが浅い」などの不眠の症状が出やすいと考えられます。

月経前症候群(PMS)の症状の一環

生理前になり、月経前症候群(PMS)で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

月経前症候群(PMS)とは生理が始まる前に起こる様々な不快な症状を指し、具体的な症状を幾つか挙げてみました。

    <身体の不調>

  • 乳房の張りや痛み
  • 耳鳴り
  • むくみ
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 体重の増加
  • 眠気
  • 不眠
    <ココロの不調>

  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 泣きたくなる
  • やる気が湧かない
  • ボーっとする
  • 落ち着かない

不眠は月経前症候群(PMS)の代表的な症状の一つですので、生理前からだんだんと寝付けなくなるのは不思議ではありませんよ。

生理前の不眠の効果的な対策方法をチェック!

生理前は不眠の症状に加えて、過眠を引き起こすことも多いので非常に厄介です。

寝たくても眠れない状態が続くと、疲労感が溜まったりストレスが蓄積したりと日常生活に支障が出やすくなります。

そこで、以下では生理前の不眠の効果的な対策方法をまとめてみました。

睡眠サプリを寝る前に飲む

ホルモンバランスが乱れているデリケートな生理前の時期に、睡眠薬や睡眠導入剤を飲むのは良くありません。

長く常用していると副作用や依存性といったリスクがありますので、生理前の不眠には寝る前の睡眠サプリの摂取がおすすめです。

生理前の不眠を解消するに当たり、どんな睡眠サプリを選べば良いのか見ていきましょう。

  • 女性ホルモンに作用する原材料や成分が含まれていない
  • 自然の食材や原材料を使ってサプリメントが作られている
  • 休息に欠かせない成分やエキスが入っている

上記の3つに該当するのは、休息力が高くて利用者の満足度も高い潤睡ハーブです。

潤睡ハーブは植物由来に拘っていて生理前の女性でも飲むことができますので、不眠を和らげてスッキリと眠れる体質を目指してみてください。

>>> 潤睡ハーブ を公式サイトでチェックする

身体をお休みモードへと促す

ホルモンバランスの変化で生理前に不眠の症状が出やすいのは仕方がありません。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えるのはどの女性でも自然な変化ですので、以下のように身体をお休みモードへと促す対策が効果的です。

  • 寝る数時間前にウォーキングやストレッチなど適度に身体を動かす
  • 就寝する2時間前に入浴や半身浴で身体を温める
  • ホットミルクやハーブティーなどリラックス作用を持つ飲み物を飲む
  • 温度や湿度など快適に眠ることができる室内環境を作る
  • 室内にリラックスできる音楽やBGMを流す

どれか一つだけでは効果がなくても、複数の方法を組み合わせていれば自然な入眠を手に入れられます。

生活習慣の乱れが引き金となって睡眠が阻害されているケースも多く、今一度自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

婦人科で月経前症候群(PMS)を治療する

生理前の月経前症候群(PMS)の症状があまりにも辛い女性は、婦人科などの病院を受診して正しい治療を受けるべきですね。

ホルモンバランスが整っていないと、日中に激しい眠気に襲われたり夜に眠れなくなったりと睡眠に関する様々なトラブルが引き起こされやすくなります。

病院でどんな月経前症候群(PMS)の治療が実施されているのか幾つか挙げてみました。

  • 女性ホルモンの量をコントロールする低用量ピルが処方される
  • 女性ホルモンや自律神経のバランスを整える漢方薬が処方される
  • チェストベリーなど女性ホルモンに作用するサプリメントが処方される

内服薬やサプリメントを使った治療がメインで、セルフケアであれこれと対策をするよりもグっと楽になりますよ。

不眠以外の症状も酷いのであれば、お近くの病院を受診して専門医へと相談してみてください。

 

他にも不眠症対策をチェックしたい方こちらの記事もチェックしてみてください。

adsense


adsense


-不眠症の解消や対策

Copyright© おすすめ睡眠サプリ、人気サプリを徹底比較! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.