不眠症の解消をサポートする運動やストレッチ

更新日:

不眠症の解消をサポートする運動やストレッチへと取り組もう

不眠症の解消を自宅で目指すに当たり、運動やストレッチで身体を動かすのは実に効果的ですね。

寝る前の激しい運動はなるべく避けなければならないものの、日中に身体を動かすことで睡眠にどんな影響が加わるのか見ていきましょう。

  1. 夕方から夜にかけて酸素を取り込みながら行う有酸素運動を行う
  2. 深部体温が上がって血液やリンパの流れが良くなる
  3. 夜になるにつれて少しずつ深部体温が下がっていく
  4. 布団やベッドに入った時にスーっと入眠しやすくなる

フィットネスジムやスポーツジムへと通う時間がない人でも、ストレッチやエクササイズであれば自宅で空いている時間に取り組むことができます。

また、深部体温を下げるだけではなく、適度な運動で幸せホルモンのセロトニンが活性化したり自律神経のバランスを整えたりできるのも不眠症の解消のサポートに良い理由ですよ。

デスクワークが中心で運動不足の生活を長期間に渡って送っていると、「身体が疲れない」⇒「中々寝付けない」⇒「眠りの質が悪くなる」と不眠症に繋がりやすいので気をつけなければなりません。

以下ではどんな運動やストレッチへと取り組めば良いのか幾つか紹介していますので、自分でも続けられそうなエクササイズを探してみてください。

ウォーキングやジョギング

睡眠の質を運動で高めるに当たり、次の3種類に該当するのかどうかで選ばなければなりません。

  • 身体を適度に疲れさせることができる
  • 継続していて爽快感を得られる
  • 自律神経の機能が向上する

これらに全て当てはまっているのがウォーキングやジョギングで、運動不足の人でも直ぐに取り組める代表的な有酸素運動ですね。

「最初は様子見でウォーキングを続ける」⇒「慣れてきたら軽くジョギングをする」と日々の生活で取り組んでいれば、心地良い疲れが加わったりストレスを発散できたりして不眠症の解消に繋がります。

ウォーキングは会社や学校へと行く際に自転車やバスを使わなければ誰にでも簡単にできますので、毎日続けるのは決して難しくありません。

ジョギングで不眠症を解消する場合はあまりスピードに拘らず、マイペースで一定のリズムを保って走ってみてください。

自宅で好きな時にできるストレッチ

「外に出て運動する時間がない」と悩んでいる方は、自宅で好きなタイミングで可能なストレッチへと取り組んでみてはいかがでしょうか。

就寝する30分前を目安にストレッチへと取り組めば、自律神経の交感神経と副交感神経の両方のバランスが整って入眠しやすい状態を作ってくれますよ。

どんな方法でストレッチを行えば良いのか幾つか挙げてみました。

  • 猫と犬のストレッチ:四つん這いの状態になって背中をフラットにして、骨盤から腰を反りながら身体の重心を落としていく
  • 深呼吸によるストレッチ:あぐらをかいて楽な姿勢で座り、鼻からゆっくりと息を吸って吐くという深呼吸を繰り返し行うだけ
  • 耳ストレッチ:痛気持ち良い程度の力で耳を引っ張るだけで、身体や目の奥の緊張を解すことができる
  • フラミンゴのストレッチ:仰向けで自分の膝を手で抱え込み、腹部を中心に左右へと繰り返し捻っていく

有酸素運動は無理をしても絶大な効果を得ることはできないので、1日に10分間程度でも毎日少しずつ継続するのが不眠症を解消する上でのポイントです。

自転車を持っている人におすすめのサイクリング

ウォーキングやジョギングはただ歩くだけですので、長く続けていると次第に飽きてきます。

お散歩コースを変えていれば景色が変わってリフレッシュ作用を得ることができますが、ルームランナーやランニングマシンでは爽快感を得られません。

そこで、爽快感のある有酸素運動で不眠症を解消したい人には、自転車を使ったサイクリングがおすすめです。

サイクリングが身体へとどんな良い影響を及ぼしてくれるのか幾つか見ていきましょう。

  • 自然の中で取り組むことでリフレッシュ作用やリラックス効果がアップする
  • 消費カロリーが増えて脂肪燃焼効果が高まり、ダイエットに繋げられる
  • 加齢によって衰えやすい下半身の筋力をアップできる
  • 心肺機能が向上してありとあらゆる病気を未然に予防できる

自転車がなければできないのが難点ですが、ウォーキングやジョギングに飽きた人にピッタリですね。

30分~1時間を目安に身体を動かそう

長時間の運動は睡眠へと逆効果ですので、1日当たり30分~1時間を目安に取り組んでみましょう。

短すぎると身体に負荷が加わらないので疲れは溜まりませんし、長すぎると疲労が蓄積したり筋肉痛になったりと様々な弊害があり、適度な時間を守るのが重要です。

また、運動やストレッチだけでは不眠症を解消できるまでに時間がかかるため、同時に睡眠サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

「身体を動かして適度に疲れさせる」「睡眠サプリで休息成分を取り入れる」といった2つの方法を併用していれば眠りへと良い影響が出てきますので、製品の選び方で迷っている方は潤睡ハーブを試してみてください。

>>> 潤睡ハーブ を公式サイトでチェックする

 

他にも不眠症対策をチェックしたい方こちらの記事もチェックしてみてください。

adsense


adsense


-不眠症の解消や対策

Copyright© おすすめ睡眠サプリ、人気サプリを徹底比較! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.