睡眠サプリの正しい飲み方で押さえておきたいポイント

投稿日:

睡眠サプリの正しい飲み方で押さえておきたいポイントをチェック!

睡眠サプリは闇雲に飲み続けるのではなく、正しい飲み方を継続しなければ効果が半減します。

睡眠サプリを飲んでいるのにも関わらず、以下のように感じている方は飲み方が間違っている可能性がありますので注意しなければなりません。

  • 寝付きの悪さは全く改善されていない
  • 何も変化を実感できない
  • 寝起きの倦怠感は解消されていない

少しでも眠りに関する悩みを解消するために、睡眠サプリの正しい飲み方で押さえておきたいポイントをまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

メーカーが設定している目安摂取量を守る

睡眠サプリに限らず他の健康食品にも該当しますが、メーカーが設定している目安摂取量を守るのはとても大事ですね。

睡眠薬や睡眠導入剤などの内服薬とは異なり、明確に摂取量が制限されているわけではありません。

しかし、目安量を守らずに過剰摂取していると、次のような弊害やデメリットがあります。

  • 非必須アミノ酸のグリシンを取りすぎると下痢や胃の不調に繋がる
  • トリプトファンの過剰摂取で肝臓の機能が低下する
  • 体内へと成分や栄養素が吸収されずに流れ出てしまう

摂取量に比例した効果や変化は得られないので、「1日に○粒」「1日に○回」といった正しい飲み方を守らなければならないのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

以下では睡眠サプリ別で、メーカーが推奨している目安摂取量をまとめてみました。

  • 潤睡ハーブ:1日に3粒~6粒(眠れない期間が長く続いている人は1日に6粒)
  • 爽眠α:1日に3粒~4粒
  • グッスミン酵母のちから:1日に4粒
  • ネムリス:1日に6粒
  • 月の休息:1日に8粒

潤睡ハーブであれば絶対に1日に3粒~6粒を守らなければならないわけではなく、体調に合わせて1粒や2粒など減らす分には問題ありませんよ。

とは言え、無理に増やしていても直ぐに眠れるわけではないので、ゆっくりと体質改善を図っていくのがポイントなのです。

潤睡ハーブは、「朝の爽快感を味わえるようになった」「環境が変化しても眠れるようになった」といった口コミの評判を得ていますので、正しい飲み方で続けてみてください。

>>> 潤睡ハーブ を公式サイトでチェックする

正しいタイミングで摂取する

内服薬の場合は、「胃腸薬や糖尿病薬は食前」「胃の粘膜を保護するための薬は食間」「胃を荒らす薬は食後」と医薬品の種類によって飲む時間帯が決められています。

一方で睡眠サプリは健康食品ですので、基本的にどのタイミングに飲んでもOKです。

睡眠サプリを使った体質改善は何よりも長期間に渡って飲み続けるのが重要で、自分の好きな時間帯に飲めるのがメリットなのではないでしょうか。

しかし、少しでも高い効果を発揮して睡眠に関する悩みを解消したい人は、次のように飲むタイミングを考慮すべきですね。

  • 就寝直前ではなく寝る1時間~2時間前が目安
  • 寝る時に有効成分が少しずつ体内へと吸収される
  • より質の高い睡眠をとることができる

睡眠薬や睡眠導入剤は飲んで直ぐに眠くなる効果が出るのに対して、睡眠サプリには即効性がありません。

つまり、睡眠サプリの中に入っているリラックス成分の効果を存分に発揮するには、就寝する1時間~2時間前のタイミングがベストなのです。

これはあくまでも目安ですので、1日の摂取量が多いメーカーの製品を飲んでいる方は、朝昼晩と複数回に分けて栄養素が効率良く体内へと吸収されるように促してみましょう。

アルコールやコーヒーで飲まない

睡眠サプリは医薬品のように神経質になって服用する必要はないものの、アルコールやコーヒーで飲むのはNGです。

アルコールやコーヒーを使った飲み方がなぜいけないのか、以下では幾つかの理由をまとめてみました。

  • お酒の中に入っているアルコールやコーヒーの中に含まれているカフェインがサプリの栄養素の吸収を阻害する可能性がある
  • 寝る前にアルコールを摂取すると寝付きが良くなる代わりに、睡眠の質が低下して中途覚醒を引き起こしやすくなる
  • カフェインは過剰摂取していると脳を覚醒させる作用があり、快眠が阻害されやすい

睡眠薬とアルコールのように、飲み合わせに対してあまり神経質になる必要はありません。

それでも、睡眠サプリによる効果が半減するのを避けるために、水や白湯と一緒に飲むのが無難ですよ。

不眠の症状に合わせて摂取する成分を変えよう

正しい飲み方を続けていても効果を実感できない人は、睡眠サプリの選び方が間違っている可能性があります。

そこで、以下では不眠の症状別でどんな有効成分をサプリメントで取り入れれば良いのか目安を挙げてみました。

  • L-テアニン⇒リラックス作用を持っているので寝付きが悪い人におすすめ
  • グリシン⇒熟睡感を得られるので眠りが浅くて夜中に目覚めてしまう人におすすめ
  • トリプトファン⇒朝の目覚めを良くする効果を持つので寝起きにだるいと感じやすい人におすすめ
  • GABA(ギャバ)⇒気持ちを落ち着ける効果を持つのでストレスで休息できない人におすすめ

複数の有効成分を含む睡眠サプリも多く、商品を購入する前に何が含まれているのかチェックしておきましょう。

adsense


adsense


-睡眠サプリに関する基礎知識

Copyright© おすすめ睡眠サプリ、人気サプリを徹底比較! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.